1. 「逆引き大学辞典」トップ
  2. 系統別学問内容リサーチ
  3. 家政系統

希望の学問分野で学ぼう! 家政系統 希望の学問分野で学ぼう! 家政系統

家政系統は、料理や掃除、洗濯、裁縫、育児など、家庭を中心とした人間の生活圏内で役立つ技術の領域を研究する学問です。「実用学」としての知恵や技術が理論的に検証されており、体系化が進んでいます

この系統の学問分野

  • 家政学の分野
    衣食住や育児など、家庭生活に関わるさまざまな知識や技術を科学的に研究する分野。伝統的な“生活の知恵”を科学的に検証する一方、家庭に密着した地域社会のあり方も研究テーマに
    詳細を見る
  • 食物学の分野
    日常生活の中での食べ物の調理や食生活の問題を総合的に研究する学問。家庭の視点から食べ物の調理と加工の技術を学び、《おいしさ》と《栄養》を追究。豊かな《食文化》を提案する
    詳細を見る
  • 被服学の分野
    快適さや機能性に富む衣料をつくり、新たな服飾生活を創造する分野。衣服の作製・保管・手入れの技術から、衣類の生産・消費・流通という産業的な側面まで、幅広い領域を対象とする
    詳細を見る
  • 住居学の分野
    人間が生活を営む場所である「住環境」を、居ごこち(快適性)、美しさや清潔感(デザイン性)、使いやすさ(機能性)などの観点から検証。快適な住空間を実現するために総合研究する
    詳細を見る
  • 児童学の分野
    家庭における「育児」に着目し、子どもの成長過程、親子・きょうだいの関係などを総合的に研究する。子どもの個性や感性をどう育むか、安心できる子育て環境の整備などがテーマ
    詳細を見る

教育・研究のめざすもの

生活技術や地域社会の問題を、家庭の視点から科学する

  家政系統は、家事や育児といった「家庭生活」のさまざまな事柄について、科学的に研究する学問系統です。
 元来は、家庭の中で親から子に伝えられてきた「暮らしの知恵」をまとめた実用学として、古くから発展したジャンルです。現在では、これらの知恵や技(ワザ)を科学の手法を用いて検証する実証的な学問となっています。
 多くの知恵やワザを伝えてきた日本の家庭は、戦後の高度経済成長を経てすっかり様変わりしました。生活家電の普及で、家事の負担が大幅に減少し、時間にも労力にもゆとりが生まれました。一方、核家族化と少子高齢化の影響で、家族のつながりが失われ、従来の大家族で行われてきたような「子育て」も難しくなっています。家族という形そのものを見直す時期に来ているともいわれています。
 こうした背景から、家庭の役割を見直すこと、また家庭を営む生活者の視点から社会の問題を考えることも、家政系統の重要なテーマです。

将来の進路・職業

「消費者」目線の発想が“商品開発”分野への進出拡大

 家政学では、炊事・洗濯・掃除などの生活技術をはじめ、家庭用品や住宅設備、家電製品、衣料品などについての実践的な知識と、家庭での利用を学ぶことができます。
 さらに、日常的に利用する「消費者」の視点から、さまざまな生活商品を比較検証することで、物事を厳しく吟味するための分析力、判断力を身につけることができます。
 将来の進路としては、まず、生活家電や家具、食品、衣料品などの商品開発あるいは販売の業種が挙げられます。たとえば、家電メーカーの商品企画、小売店のバイヤー(仕入れ担当者)が中心ですが、生活商品に対する高度な知識は、販売職、広告宣伝担当などでも発揮できるでしょう。また、フード産業ではたらくプロの料理人、ファッションやインテリア系のデザイナーなど、専門技術職に就くには、卒業後にも研さんを重ね、高度な実践テクニックを磨くことが大切です。

家政系統の学問分野相関図

 学問分野相関図では、家政系統に属する学問の”位置取り”を見ることができます。自分の興味ある分野がどんな位置にあるかを把握でき、よく似た研究をする学科を知ることができます。 

家政系統の学問分野相関図

画面上部に戻る