じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

興味・関心のある職業テーマから学びたい学問を見つけてみよう 学問ディスカバリー

学問ディスカバリー イメージ

どんな分野?

 スポーツの世界では、野球・サッカー・バスケットといった球技のプロ化が相次いで進められるなど、福利厚生と企業宣伝の一環だったかつてのスタイルから、スポーツ競技を積極的に活用して事業化につなげるビジネスモデルの模索が続けられている。
 こうした動きをリードしているのが、「スポーツマーケティング」事業の働き。スポーツ興行を利用した広告ビジネスを展開する一方で、選手個人や競技スポーツ、あるいはスポンサーのエージェント(代理人)として、ファンと報道メディア、企業をつなぐ役割を果たしている。
 最近では、こうした代理店業務や情報やデータの配信のほか、スポーツ映像制作などのメディア事業、ファンクラブの運営、イベント開催など多彩なジャンルに進出している。

活躍の舞台

 スポーツマーケティングの専門知識を学ぶのにふさわしい学問が、「体育学」系や「人間科学」系の学部に設置される「スポーツ経営学」だ。また、一部の「経営学」系学部にも、スポーツ経営を専攻するコースを設けている大学がある。
 この学問では、スポーツを「経営」「ビジネス」という視点で研究する。はじめに「経営学」の基本理論を学んだうえで、スポーツ競技の文化としての側面や、社会の中での役割を理解する。さらに、スポーツ競技の指導とチームの組織運営、選手のマネジメントなどをはじめとする「ビジネスとしてのプロスポーツ」の経営法を実践的に学ぶのが一般的なカリキュラムだ。そのほか、スポーツイベントの企画、スポーツ用品の開発、といった研究テーマがある。

学問へのアプローチ

 スポーツマーケティングの世界には、広告・宣伝の分野にとどまらず、スポーツをターゲットとした多彩なビジネスを自ら企画・運営する企業も登場している。
 有力選手のプロフィールや試合記録などのデータを、Webコンテンツ、メールマガジンなどで発信する情報サービスなど、マルチメディアやインターネットを利用した新たな展開も始まっている。一方で、スポーツ器具やトレーニング施設の提供、スポンサー契約などメーカーや一般企業が選手をサポートする枠組も整いつつある。
 スポーツマーケティングは、これからの成長が期待される若い業界であり、スポーツへの愛情と新しいアイデアをもつ有能な人材へのニーズは高まることが予測される。 

このキーワードについて学べる学問分野

体育学

運動能力の増強やスポーツ競技の技術向上のために、「運動」を総合的に研究する分野。各種のスポーツで運動理論と実技力を培い、健康で頑健な身体づくりのノウハウや技法を探求する

人間科学

人間の心と身体のメカニズムをトータルに捉え、多面的な側面や要素をを備えた人間そのものに深く切り込む学問。人間だけが獲得した、動物とは一線を画した能力や要素の秘密を探る

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,300校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。