じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

興味・関心のある職業テーマから学びたい学問を見つけてみよう 学問ディスカバリー

学問ディスカバリー イメージ

どんな分野?

 ゲームや軽いスポーツを楽しみながら身体を動かすこと。体力づくりよりも楽しみの要素が強いのが特徴で、最近はビーチボールバレーやゲートボールなど、競技スポーツのルールをレクリエーション向けに一部変更したものや、身体への負担が小さいレクリエーション向けの新スポーツも次々に登場している。
 仲間づくりや地域の交流にも役立つレクリエーションは、地域社会や親子の親睦を深める目的でも広がっており、高齢者をはじめ子どもやファミリー向けの大会も開催されている。また、高齢者に生きがいを与え、認知症の進行を抑えたり、寝たきりになるのを防ぐ効果もあるため、介護や医療施設で取り入れられるなど、福祉の場面でも注目されている。

活躍の舞台

 民間のスポーツクラブやトレーニングセンターで、一般市民向けのトレーニングメニューをつくって指導したり、レクリエーションのイベントを企画・運営したりする職種が代表的な活躍の舞台だ。学校や地域社会の場で、市民・子ども向けのレクリエーション活動を指導するという業務もある。
 そのほか、地方自治体に就職してスポーツ課に勤務し、公務員としてスポーツ施設を管理したり、市民へのスポーツ振興を担当する仕事もある。さらに、市民スポーツ大会を主催・後援する財団法人などの団体や企業では、スポーツ部門を置いている会社もある。こうした団体・企業に就職し、イベントの企画・運営を担当するといった職種も考えられるだろう。

学問へのアプローチ

 教育系統「体育学」または「総合科学」を専攻するのが代表的な進路。どちらも、一般社会人向けの体力づくりやスポーツ競技について考える「社会体育学」「生涯スポーツ学」、さらに健康を目的としたスポーツを研究する「健康スポーツ学」といった研究領域(科目)を学べる。
 「生涯スポーツ学」では、幅広い人々へスポーツへの楽しみを教えることが重視されるため、競技能力を高めるためのコーチングというよりも、子ども、高齢者、障がい者など対象とする人に合わせた指導の方法や、学校、職場、地域といった場面に応じた実践法などを身につける。「健康スポーツ学」では、スポーツを科学的に研究する科目に加え、医療や保健衛生の観点からスポーツを学ぶ科目もある。

このキーワードについて学べる学問分野

体育学

運動能力の増強やスポーツ競技の技術向上のために、「運動」を総合的に研究する分野。各種のスポーツで運動理論と実技力を培い、健康で頑健な身体づくりのノウハウや技法を探求する

総合科学

教育が持つ“総合性”に着目し、教員以外の人材育成のために登場した新領域。人文・社会・自然科学を統合して、現代の社会的テーマの解決にチャレンジ。高い教養と学識の修得が目標

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,300校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。