じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

興味・関心のある職業テーマから学びたい学問を見つけてみよう 学問ディスカバリー

学問ディスカバリー イメージ

どんな分野?

 日常的に身体を動かす機会が少ない現代人にとって、健康のため生活の中に適度な運動を取り入れることが重要と言われており、定期的にスポーツクラブやトレーニングジムに通う人が増えている。
 こうしたスポーツ施設において、個人的なレッスンでスポーツ競技の技術を指導したり、個人ごとに効果的なトレーニングメニューを作成する、ジムで器械を使った筋力トレーニングの助言をするのが、スポーツ科学とトレーニングの専門知識を備えたインストラクターだ。
 そのほか、スポーツクラブやセンターの仕事としては、施設や器具の保守管理、クラブの会員の管理やサポート、スポーツイベントの企画や運営といった職種もある。

活躍の舞台

 スポーツ施設で働くには、体育学系の学部に進んで競技スポーツを専攻するのが一般的なルートだ。また、人間科学の分野にも、スポーツ科学・健康科学を学べる学科がある。大学では人間の健康と運動の理論を学ぶとともに、スポーツの実技と指導法を実践的に習得していく。理論については、身体づくりのための食事管理や栄養のとり方、人間の骨格や筋肉と運動機能の関係、トレーニングによる筋力増強の効果などについて、科学的なアプローチで学ぶ。
 また実技では、自分の専門とするスポーツの技能向上、競技の作戦、トレーニング法に加え、スポーツ競技で考えられる危険を回避するためのテクニック、突然のケガや病気に対処するための基本知識も重要な学習項目となる。

学問へのアプローチ

 スポーツにもいろいろな種類があり、テニスやゴルフ、スケートといった技術の修得に時間が掛かるタイプと、ウォーキングやアスレチック(筋力トレーニング)、エアロビクスなど基礎体力の増進や筋力の増強をめざすタイプがある。スポーツ施設で働くためには、こうした時と場所に応じた指導のポイントを心得ている必要がある。
 また、スポーツ施設に通う理由も、ダイエットやストレス解消、競技力のアップなど多種多様であり、個人の体力や目標に応じた最適な指導法を実践していく能力が大切だ。そのため、自分の専門のスポーツだけでなく幅広い領域のスポーツに関心を向けること。さらにさまざまなスポーツを愛し、その楽しさを伝えられる資質が不可欠となる。

このキーワードについて学べる学問分野

体育学

運動能力の増強やスポーツ競技の技術向上のために、「運動」を総合的に研究する分野。各種のスポーツで運動理論と実技力を培い、健康で頑健な身体づくりのノウハウや技法を探求する

教育学

教育の本質を捉え、学校や職場、地域社会において人間の可能性を伸ばすシステムと技法を研究する学問分野。老若男女すべての「学ぶ人」に理想的な教育の環境を提供することが大目標

人間科学

人間の心と身体のメカニズムをトータルに捉え、多面的な側面や要素をを備えた人間そのものに深く切り込む学問。人間だけが獲得した、動物とは一線を画した能力や要素の秘密を探る

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,300校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。