じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

興味・関心のある職業テーマから学びたい学問を見つけてみよう 学問ディスカバリー

学問ディスカバリー イメージ

どんな分野?

 団塊世代の大量定年を受けて、加齢による体力低下をカバーしたり、健康状態を良好に保つために軽い運動を始めたりする人が多くなっている。市街地を歩くウォーキングから本格的な山歩きまで、特に中高年の間ではスポーツブームとなっている。
 健康管理のためのスポーツは、安価で手軽に始められること、無理なく気長に続けられることがいちばんの条件だ。
 また、身体に障害や病を抱える人でも、健康や体力維持を目的としたスポーツの効能は立証されており、定期的に健康チェックを受けながら、適度な運動を始める人も多くなっている。こうした人たちにスポーツの楽しさを教える「案内役」として、スポーツ医学や健康科学の知識をもつ専門家の役割が重要になっている。

活躍の舞台

 スポーツによる健康管理について興味がある人は、「健康科学」あるいは「スポーツ科学」を専攻するとよいだろう。または「体育学」系の大学に進みスポーツ競技の実力を磨きながら、スポーツ科学を学ぶことも可能だ。
 大学では体育学、運動力学、健康体力学、運動栄養学など基本的な体育理論のほか、解剖学・生理学といった医学系の科目も学ぶ。実習授業ではトレーニングメニュー、健康状態の管理、体力チェックなど、スポーツ専門家として将来指導者になるための科目が並ぶ。
 そのほか、一般人の健康管理にも役立つ内容として、スポーツ実技を取り入れた健康管理法、ケガをしないトレーニング法、ケガをしたときの応急措置といった学習項目もある。

学問へのアプローチ

 この分野で学んだ人は、健康科学、スポーツ科学の専門家として、学校やスポーツセンター施設に勤務するのが理想的なコース。スポーツインストラクターとして、世代別、スポーツ歴や体力別に無理のないプランを立てるなど、スポーツ・健康施設を運営するスタッフとして働くことになる。
 長寿社会を迎え、元気で明るく長生きするために健康と体力を自分で管理するという考え方が日本人の間に広がっている。こうした動向を捉えて、一般企業や福祉などの分野でも、身体理論や医学的な専門知識をもつ健康指導者やトレーナーへのニーズはいっそう高まることが予想される。したがって、能力次第で教育・福祉・一般企業など幅広い分野で活躍の道が期待できるだろう。

このキーワードについて学べる学問分野

体育学

運動能力の増強やスポーツ競技の技術向上のために、「運動」を総合的に研究する分野。各種のスポーツで運動理論と実技力を培い、健康で頑健な身体づくりのノウハウや技法を探求する

教育学

教育の本質を捉え、学校や職場、地域社会において人間の可能性を伸ばすシステムと技法を研究する学問分野。老若男女すべての「学ぶ人」に理想的な教育の環境を提供することが大目標

人間科学

人間の心と身体のメカニズムをトータルに捉え、多面的な側面や要素をを備えた人間そのものに深く切り込む学問。人間だけが獲得した、動物とは一線を画した能力や要素の秘密を探る

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,300校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。