じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

興味・関心のある職業テーマから学びたい学問を見つけてみよう 学問ディスカバリー

学問ディスカバリー イメージ

どんな分野?

 陸上トラック走行に特化した運動靴がヒットしたり、世界記録を塗り替える高速水着が登場したりするなど、本来は選手の活躍を陰で支えるスポーツメーカーが、にわかに脚光を浴びている。
 各メーカーがしのぎを削るのが新製品の開発競争。画期的な記録を出すスポーツ用品は、綿密な計測データに基づいて試作品を開発し、選手やコーチの協力を得て改良をかさねる、という地道な作業の末にようやく実現する。
 また、各社とも有名選手と製品使用の専属契約を結ぶなど、膨大な費用を掛けて自社の製品をアピールしている。その契約選手が記録を出すことで一般消費者からの人気を呼び、商品が爆発的に売れることで高額な開発費用をまかなう、というサイクルの中で幾多のヒット商品が生まれているのだ。

活躍の舞台

 運動器具やスポーツ用品に興味がある人は、大学で「体育学」または「スポーツ科学」を専攻するのが最適のコース。スポーツ科学は「人間科学」の一ジャンルであり、競技の実技や戦略、トレーニング法など、スポーツのあらゆる要素を科学的な手法で研究するのが特徴だ。
 そのほか、人体の骨格構造と筋力、呼吸や循環機能といった医学の立場からスポーツ研究する「スポーツ医学」、人間の身体にフィットする器具の形状と構造、合理的な動き方などを考える「人間工学」などのアプローチもある。
 また「体育学」の場合には、スポーツ競技ごとの特性と戦術、実践技術、身体づくりのためのトレーニング法がメインとなるが、専門とするスポーツ競技を科学的に追究することも可能だ。

学問へのアプローチ

 スポーツに関する科学的な理論、測定法や実験などの研究手法を身につけたスペシャリストは、スポーツ用品や運動器具のメーカーに就職し、開発に携わることができる。
 スポーツ用品といっても陸上競技、格闘技、球技、水泳など競技ジャンルごとに用具も特性もさまざまだ。しかし、開発に必要な工学的知識、データ収集や分析の技法など、基本的な研究手法には共通項が多い。メーカーで主要な戦力として活躍するには、得意な競技にとどまらず幅広いスポーツに興味をもち、基本的な要素を理解しておくことも大切となるだろう。
 さらに、スポーツ用具の使い方や整備法に熟練することで、スポーツ教室やトレーニングジムでのインストラクターとして勤務する道もある。

このキーワードについて学べる学問分野

体育学

運動能力の増強やスポーツ競技の技術向上のために、「運動」を総合的に研究する分野。各種のスポーツで運動理論と実技力を培い、健康で頑健な身体づくりのノウハウや技法を探求する

社会学

家庭・地域・学校・企業など人間が作っている「組織」のしくみやはたらきを検証し、そこに生起する種々の現象を解析。社会病魔、福祉、環境、メディアといった現代的課題に迫る

社会科学系学際

資源枯渇、環境汚染、人口爆発、食糧不足、安全保障問題など現代的な大テーマに、従来の学問的枠組を超えてアプローチする新分野。「総合的な視点」「多彩なテーマ」がキーワード

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,300校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。