1. 学科から志望大学が探せる「逆引き大学辞典」トップ
  2. 大学・短大を探す

北海道/私立

北海道医療大学

お問い合わせ先
〒061-0293 北海道石狩郡当別町金沢1757
入試広報課 TEL.0120-068-222(フリーダイヤル)

大学紹介

大学の特徴1

医療系総合大学で、分野や職種を越えたチーム医療を学ぶ

 北海道医療大学の最大の魅力は、「医療系総合大学であること」。これまで薬剤師、歯科医師、看護師、社会福祉士、公認心理師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの専門職業人を育成し、医療現場で主流となっている「チーム医療」を学ぶための教育環境を提供してきました。また、2019年4月から臨床検査技師の養成も開始。医療の現場では、病を治すことだけではなく、心のケアや、社会復帰の支援も含めた全人的なケアが求められています。そのためには、医師や歯科医師はもちろん、薬剤師、看護師、福祉スタッフ、心理専門職、リハビリテーションスタッフ、そして臨床検査技師などが分野や職種を越えて連携・協働する「チーム医療」が欠かせません。
 北海道医療大学では、保健・医療・福祉の専門職がチームを組み、一人ひとりの患者さんに適した治療や支援を行うために、学部学科の枠を超えた「多職種連携教育」を充実させています。全学部学科の教員が毎週交替で講義を担当する「多職種連携入門」や各学部間での合同授業など、学部単独はもちろん、さまざまな専門職をめざす仲間と一緒に多職種への理解を深め、チーム医療での役割や医療人としての人間性を養います。

大学の特徴2

医療人としての確かな実践力を身につけるため、学内外に充実した実習体制を整備

 北海道医療大学では、将来の業務に直結する“確かな実践力”をしっかりと身につけるために、実習環境の充実に力を注いでいます。
 入学後、間もない時期から、自分がめざす専門職のイメージを明確にしてモチベーションを高められるよう、医療と福祉の現場を訪問する機会を設けています。全学部学科で必修の臨床実習や臨地実習は、札幌市内の総合病院を中心に、のべ500施設の協力を受けて行われます。また、北海道内の私立大学の中で唯一、附属医療機関を2つ有する大学でもあり、学外実習の前にはこの附属医療機関でトレーニングを積むこともあります。
 さらに、医学部をはじめ、歯学部や薬学部における全国共通の実技試験OSCE(オスキー:客観的臨床能力試験)をすべての学科で採用。専門職に必要な基本的手技やマナーなどを細かく評価して、学生が常に自分の目標や改善点を明らかにした上で臨床実習に臨めるよう、配慮しています。


画面上部に戻る