1. 学科から志望大学が探せる「逆引き大学辞典」トップ
  2. 大学・短大を探す

埼玉県, 東京都/私立

立教大学

お問い合わせ先
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
入学センター TEL.03-3985-2660(直)

大学紹介

大学の特徴1

知性・感性・身体を育てるリベラルアーツの理念のもと、全人格的な教育を実施

 明治初期(1874年)、アメリカ人宣教師チャニング・ムーア・ウィリアムズによって起源となる「立教学校」を創立して以来、リベラルアーツを教育の理念に掲げています。リベラルアーツ教育は、知性・感性・そして身体のバランスを配慮した全人格的な教育であり、一人ひとりのさまざまな可能性を育もうとするものです。
 教育カリキュラム「RIKKYO Learning Style」は、4年間を3つの期間に分けて段階的に学べるよう構成されています。与えられた枠の中から授業を選択するのではなく、一人ひとりが自分のビジョンに沿って4年間の学びを自発的に、自在に組み立てる学びのスタイルです。どの学部の学生でも自身の知的関心に応じたコースを登録でき、修了証が授与される「グローバル教養副専攻」制度や、海外の大学では一般的な「科目ナンバリング」制度などをはじめ、クラブ活動やインターンシップ、留学やボランティアなど、さまざまな体験を有機的に結びつけるカリキュラムを通じて、これからの社会を担うグローバルリーダーを育成します。
 学部1年次生全員を対象とする英語必修カリキュラムにおいては、「英語ディスカッション(春学期)」「英語ディベート(秋学期)」を開講。少人数制のクラスで1年次から段階的に英語力を伸ばします。「英語ディスカッション」では英語で積極的にコミュニケーションを図り、英語で表現する力を養い使える英語運用能力を身につけます。「英語ディベート」では英語で社会問題などを題材に討論を行い、論理的に考える力や他者と建設的に議論するする力を鍛えます。
 2年次以降は学部の専門領域を英語で学ぶ力を段階的に身につける自由科目として「CLIL科目」「学部EMI科目」を展開。専門領域を英語で学ぶための力を習得します。立教の英語教育カリキュラムでは1~4年次を通じて、目的意識を持って継続的かつ段階的に学びを進めていくことができます。

大学の特徴2

学生生活をサポートする奨学金制度の充実

 立教大学では、学生の経済的基盤を整え、学業の機会を保障するために、さまざまな奨学金を用意しています。大学独自の奨学金はすべて返済不要の給与型奨学金です。入学前に申請できる「立教大学自由の学府奨学金」のほか、入学後に申請できる「学部給与奨学金」など、年額30万円~80万円を支給する経済支援型奨学金が充実しています。学生の海外留学を経済的支援するための「立教大学グローバル奨学金」は、立教大学が実施する派遣留学、学部間交流プログラム、認定校留学、その他単位認定を行うすべての留学プログラムが支給対象となり、年額10万円~60万円が支給されます。さらに、成績の優秀な学生には「立教大学グローバル奨学金」に上乗せして奨学金を給付する「立教大学校友会成績優秀者留学支援奨学金」も申請することができます。


画面上部に戻る