1. 「逆引き大学辞典」トップ
  2. AO入試・推薦入試特集
  3. AO入試・推薦入試研究
  4. STEP.2 AO入試と推薦入試では多面的に人物を評価

AO入試・推薦入試研究 STEP.2 AO入試と推薦入試では多面的に人物を評価

入試方式が多様になり、出願機会も増えている。 なかでもAOや推薦入試は、大学によって志願条件が大きく違う。しっかりと情報を集めて、チャンスをつかもう!!

AO入試は私立大の80.8%、推薦入試は99.7%が実施している

大学に進学するには、大別して3つのルートがある。
①学力中心の「一般入試」、②人物本位の「AO入試」、③学力+人物の「推薦入試」―のいずれかに合格することが必要だ。
これらの中から、自己の志望や学力、個性、活動などを十分に分析して、「自分がどの試験に向いているか」を考え、入試を選んで受験する。
「一般入試」は翌年実施され、国公立大:「大学入試センター試験(1次)+個別学力検査(2次)」、私立大:「3教科中心の学科試験」または「大学入試センター試験利用入試」というのが一般的だ。
ここでは2学期を中心に行われる、私立大の「AO入試・推薦入試」について紹介しよう。

私立大では、前グラフのように全入学者の約10%が「AO入試」、約40%が「推薦入試」で大学生になっているのが実態。この2つの入試で入学者の半数を占めており、その役割は重要だ。
特に学力+人物重視の推薦入試は、ほとんどの大学が実施し、評価されている。
私立大は現役中心で、専願が多い。合格のチャンスが多いから、チャレンジしよう。

ワンポイントアドバイス

「AO入試」は慶應義塾大学が1990年、大学が求める人物像に適した学生を採るために初導入

私立大では「指定校制推薦」と「公募制推薦」とがあり、多くの大学は併用している

プレゼンテーション能力はAO入試・推薦入試や将来の就活、仕事でも必要

「AO入試・推薦入試」の詳細については後述するが、これらの試験で最近注目されているのが「プレゼンテーション能力」だ。企業の事業提案、研究成果、開発商品などの情報伝達ならば必要性を理解できるが、「AO入試・推薦入試でどうして?」と疑問を持つ受験生がいるかもしれない。
これらの入試で必要な「エントリーシート」や「志望理由書」「面接」「小論文」などのべースが、すべてプレゼンテーション(プレゼン)に通じているのだ。
特に「志望理由書」や「面接」は、自分をいかに大学や面接官にプレゼンするかが問われており、これは将来の就職活動や企業での企画発表、営業活動などにも役立つ。この受験を機会に、プレゼン能力を身につけたいものだ。

AO入試・推薦入試スケジュール(例)

AO入試・推薦入試スケジュール(例)画像

ワンポイントアドバイス

学科課題型AO入試では、課題についてレポートを作成し、プレゼンする

プレゼンでは図表、パソコン、プロジェクターなどを利用可とする大学もある

STEP.3 AO入試の合格対策は「面接」とヤル気!

AO推薦入試特集

ピックアップ

画面上部に戻る