1. 学科から志望大学が探せる「逆引き大学辞典」トップ
  2. 大学・短大を探す

東京都/私立

昭和女子大学

お問い合わせ先
〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57
アドミッションセンター TEL.03-3411-5154(直)

大学紹介

大学の特徴1

多文化との交流や、地域・企業との協働で、これからの日本を担う女性リーダーを育成する

 昭和女子大学は、創立以来、豊かな知識を持って社会に貢献する女性を送り出すことを変わらぬ目標としています。世界とつながる本学の海外キャンパス「昭和ボストン」では各専門分野に応じた研修プログラムを用意するほか、このキャンパスを拠点に年間約500名の学生が留学体験を通じて、国際感覚を磨き、主体性・行動力を身につけます。2019年9月には、テンプル大学ジャパンキャンパスが本学の敷地内に移転。多国籍の学生がキャンパス内で交流します。また、学修の成果を活かして社会とつながることを重視し、PLB(プロジェクト型学習)を行っています。地域や企業など社会とつながることで、講義や実習だけでは得られない体験を通して、新しい自分を発見することができます。

大学の特徴2

自由度の高いカリキュラムと充実のサポート体制で、一人ひとりの夢を実現

 昭和女子大学の教育システムは、自由度の高さが魅力。1年を2学期に分けるセメスター制を導入し、セメスター単位で授業を選択・履修することにより、自分の目標や興味に合わせた時間割の設定を可能にしています。また、専門科目が充実しているのはもちろんのこと他の学部や学科の授業も学ぶことができるほか、さまざまな資格取得を視野に入れた科目を多数用意しています。また、今後ますます進展する高度情報化社会において、データやAIを多角的に分析・活用し、問題解決に役立てられる力を養うため、全学共通科目に「データサイエンス入門」「データサイエンス演習」を置き、全学的に履修を推奨しています。
 こうした教育システムだけでなく、1年~3年までの少人数クラス編成や、学生生活についてトータルサポートする学生支援課、悩みの相談にのってくれる学生相談室なども充実。さらに、留学や留学生をサポートをする国際交流センター、進路・キャリア全般をサポートするキャリア支援センターなど、全ての角度から学生をきめ細かにフォローする充実の体制が整えられています。


画面上部に戻る