1. 学科から志望大学が探せる「逆引き大学辞典」トップ
  2. 大学・短大を探す

長崎県/国立

長崎大学

お問い合わせ先
〒852-8521 長崎県長崎市文教町1-14
学生支援部入試課 TEL.095-819-2111

大学紹介

大学の特徴1

長崎の精神を継承し、新たな知の創造と、社会の調和的発展に貢献できる人材を育成

 長崎は世界と日本を繋ぐ窓口として多文化交流の先駆的役割を果たし、被爆体験をもとに世界の恒久平和を宣言した都市です。長崎大学はそうした歴史に根付く精神を受け継ぎ、西ナイル熱やマラリアなどの新興・再興感染症の制御に向けた研究、海外の研究機関・大学と国際コンソーシアムを形成して行っている低線量の放射線が人体に与える影響の研究など、さまざまなプロジェクトを推進。研究・教育ともに世界トップレベルを目指して、特色ある取り組みを展開しています。
 世界に向けた「知の情報発信拠点」であり続けながら、地域と大学を繋ぐ「やってみゅーでスク」にも力を注いでいます。学生が授業やサークル活動の合間に、地域行事をはじめ子どもの健全育成等に関わる多様な企画にボランティアとして参加することで地域の活性化を図り、さらに学生のコミュニケーション力、リーダーシップ、協調性などの“人間関係力”を養っています。

大学の特徴2

社会や企業が求める社会人基礎力と、国際社会に通用する英語力を獲得する

 平成24年度より、長崎大学は「国際社会で活躍するリーダーの育成」を目指して、教養教育を根本的に改革し、英語教育の充実を図りました。
 考え抜く力や一歩前に進む力、すなわち「社会人基礎力」の基盤形成を行うため、教養教育の履修単位を大幅に増加するとともに、モジュール方式を採用。現代社会が直面している課題を10~12の科目群として開設しました。学生が興味あるテーマを選んで履修することで、講義を受けるだけの一方向の授業から学生参加型の授業へと転換し、課題解決能力、協調性、批判的精神、探究能力を養います。
 また、国際社会で通用する英語運用能力を獲得するため、1年次の英語コミュニケーションの授業はすべて外国人教員が担当。さらにコンピュータによる英語自学自習システム「CALLシステム」を整備し、学内はもちろん、携帯端末からも英語教材を使用できるようになりました。


画面上部に戻る