1. 学科から志望大学が探せる「逆引き大学辞典」トップ
  2. 大学・短大を探す

鹿児島県/私立

第一工科大学

(2021年4月より「第一工業大学」から「第一工科大学」へ校名変更しました。)

お問い合わせ先
〒899-4395 鹿児島県霧島市国分中央1-10-2
入試課 TEL.0120-580-640(直)

大学紹介

大学の特徴1

「科」その一文字にかける想い

 新生「第一工科大学」では、全ての学科の学生に対し、サイエンス、特にICTとデータサイエンス教育を充実して、複雑多様化する社会で活躍できる人材を育てて参ります。
 「工業」とは本来「モノづくり」を意味する言葉ですが、現代社会においてはその「モノ」の意味が大きく変化しています。20世紀の工業社会では「モノ」はどちらかといえば「単体」で存在しており、ただ在りさえすれば価値を持っていました。しかし、21世紀の情報社会では全ての「モノ」がICTにより繋がっており、その繋がりを用いた「サービス提供」こそが、大きな価値を持つようになっています。第一工業大学はこの変化に対応するべく、コンピュータサイエンス、特にビッグデータを扱うデータサイエンスや、機械に知能を持たせるAIなど、「サイエンス」の部分を大きく教育に取り込んでいくことを目指し、「第一工科大学」へと校名変更することとしました。

大学の特徴2

入学時から卒業後まで、学生一人ひとりの学修・キャリアをサポート

 本学では、学生一人ひとりの学びをきめ細かにサポートする充実した体制を導入しています。推薦入試とAO入試で入学した学生に対しては、入学後に大学の授業にスムーズに移行できるようにするため、工学分野の基礎科目である「数学」「物理」「英語」および教養科目の「国語」の通信教育を行っています。
 「数学」「物理」「英語」の初年次教育は習熟度別のクラス編成とし、自分のレベルに応じた工学の基礎を学ぶことができます。また、再試験の対象学生には、試験前に補習授業を行い、必要な知識や技術を確実に身につけるよう支援します。さらに、各学科のクラスアドバイザーが、学生一人ひとりの学習や進路についての相談にのります。
 さらに、課外講座や長期休暇中の特別支援講座などにより各種資格取得を支援するほか、教員採用試験対策講座の実施や大学院進学のためのサポートなど、入学時から卒業後までを見据えた支援体制を整えています。


画面上部に戻る