じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

将来の夢、気になる職業から進路を探そう Shokugyo

Shokugyo イメージ

インテリアデザイナー

インテリアデザイナーの特徴

 人が過ごすあらゆる室内空間、住居、オフィス、ホテル、レストランから、客船、列車、飛行機内の客室にいたるまで、さまざまな場の環境設計と室内デザイン設計を行う仕事をする。建築設計者や施工部門の管理者、依頼主と打ち合わせながら、仕事を進めていく。また、インテリア製品(家具、カーペットなどの床材、照明器具、内装材)を企画・デザイン・設計するのも、インテリアデザイナーの仕事である。こういったデザインをする上での、素材に関する知識、人間工学の知識や、製図やパース(透視図)を仕上げる技術も必要だ。オフィスや店舗で、センスある空間づくりが不可欠とされる現在、インテリアデザイナーの需要はこれからも増えていくと予想される。

インテリアデザイナー グラフ

インテリアデザイナーに関連する資格

 インテリアプランナー、カラーコーディネーター、インテリアコーディネーター、キッチンスペシャリスト、照明コンサルタント、建築士 など。
 幅広くいろいろなことを知っておかなければ、仕事ができないといわれる。建築家や照明プランナーなど、空間をつくる人たちと共同して、ビジュアルのイメージを実際に形にしていく作業が中心になるので、どうしてもさまざまな知識が必要。デザイン理論やスペースデザインの基礎力も不可欠で、美的センス、色彩感覚、造形能力も必須である。また快適な空間や製品をつくるためには、人間の心理や行動に通じていることも要求される。そのため人間工学や心理学も学ばなければならない。またプレゼンテーションが多いので、そのための交渉力も必要だ。

インテリアデザイナーに興味がある人は、この分野の学問を調べてみよう

工芸・デザイン

製品の形や映像・絵・文字などを使った、人間の視覚に訴える表現芸術。美術の応用領域として、社会ニーズにそった「美」を創りだす分野。「機能性」「快適性」を希求するのが特質

土木建築工学

古今東西で蓄積された土木建設の技法を修得し、建築物から町づくり、インフラ、防災まで、私たちが快適に暮らせる生活環境についての総合的なプランニング術を研究する学問分野

工芸学・工業デザイン

製品や印刷物、家や店舗、公園や道路などを対象に、人間の感性や感覚に訴える「美しさ」を創造するデザイン表現を追究する分野。機能性やコストと「美」の調和が求められるのが特質

住居学

人間が生活を営む場所である「住環境」を、居ごこち(快適性)、美しさや清潔感(デザイン性)、使いやすさ(機能性)などの観点から検証。快適な住空間を実現するために総合研究する

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,500校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

進学イベント全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。