じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

将来の夢、気になる職業から進路を探そう Shokugyo

Shokugyo イメージ

ソーシャルワーカー(ケースワーカー)

ソーシャルワーカー(ケースワーカー)の特徴

 医療や福祉の分野で、相談者の窓口となる専門家。福祉サービスの援助を必要としている人やその家族に対して、あらゆる角度からの相談に応じ、関係機関と連携して適切なサービスが受けられるように援助する。各機関によって名称は異なり、社会福祉施設では“生活指導員”、児童福祉施設では“児童指導員”、行政の相談窓口では“社会福祉主事”、保健医療機関では“医療ソーシャルワーカー(MSW)”と呼ばれる。主な業務内容は、施設入居者の生活援護プログラムなどを計画する、施設の入退手続きを行う、福祉事務所や病院といった関係機関との連絡調整を行う、各種サービスや補助金制度の紹介するなど。最近は社会福祉士のことを指す場合も多い。

ソーシャルワーカー(ケースワーカー) グラフ

ソーシャルワーカー(ケースワーカー)に関連する資格

 「社会福祉士」。
 福祉だけでなく医療・教育の分野まで幅広く活躍が期待されている国家資格。大学で厚生労働大臣の指定する科目を履修するか、短大・専門学校で指定科目を履修した後、相談援助業務に1~4年以上就くことで受験資格を得られる。また精神保健の分野で働くなら、「精神保健福祉士」が同様に有利となる。公的機関で働くなら「社会福祉主事任用資格」が求められる。

ソーシャルワーカー(ケースワーカー)に興味がある人は、この分野の学問を調べてみよう

保健・衛生・医療技術学

医療・福祉活動を医師と共に支える「保健衛生」「リハビリ」「医療技術」を研究する学問。衛生環境を整えて病気を予防したり、社会復帰を助けたりして国民の健康を守ることがテーマ

社会学

家庭・地域・学校・企業など人間が作っている「組織」のしくみやはたらきを検証し、そこに生起する種々の現象を解析。社会病魔、福祉、環境、メディアといった現代的課題に迫る

看護学

医療現場や福祉施設、地域社会における看護と介護のプロフェッショナル領域。医師をサポートしつつ、病気の人や高齢者・障害者を、身近にあって心身両面からケアするための実践学問

社会科学系学際

資源枯渇、環境汚染、人口爆発、食糧不足、安全保障問題など現代的な大テーマに、従来の学問的枠組を超えてアプローチする新分野。「総合的な視点」「多彩なテーマ」がキーワード

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,500校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

進学イベント全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。