じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

興味・関心のある職業テーマから学びたい学問を見つけてみよう 学問ディスカバリー

学問ディスカバリー イメージ

どんな分野?

 児童相談所とは、地域で暮らす児童(0017歳の子ども)の教育について行政の視点から監督し、児童を持つ家族を総合的にサポートする児童福祉施設だ。都道府県ごとに設けられており、児童についてさまざまな相談の受付や、問題を抱える児童の家庭を訪問して教育の状況や家族関係などを調査する、虐待や育児放棄などの可能性がある家庭の状況を判断し緊急事態には一時保護する、といった業務を担っている。
 児童相談所に勤務し、児童を持つ家族や学校からの問い合せに応じたり医療機関や学校と連携して適切な指導を行うのが、児童福祉司と児童相談員だ。近年は、家族の形などこどもの育つ環境が多様化しており、現状を見きわめた対応が重要になっている。

活躍の舞台

 児童相談所で児童指導員や児童福祉司(共に公務員が任務を指名されるための<任用資格>)として勤務するには、社会学系・福祉学系の学部で社会福祉学を専門に学び、所定の養成課程を修了する必要がある。
 社会福祉学の土台は、家族関係や人間の社会的行動などを研究する社会学・人間科学、そして人間の心のしくみと発達過程を研究する心理学、教育学などである。大学では、これらの基本知識を身につけたうえで、社会福祉の理念や目的、制度や法律について理解する講義科目を履修し、また、個別の問題の原因を解き明かし最善の解決を見つけるための個別援助技術(ケースワーク)やカウンセリングの技法といった福祉の実践技法を学んでいくのが一般的なカリキュラムとなる。

学問へのアプローチ

 児童相談所が扱う問題は、子どもの病気や障害に関する相談、子どもの家出や非行などの問題行動、父母の離婚や死亡など家族に関する相談まできわめて幅広く、しかも簡単には解決できないものが多い。学校教員や小児科医・精神科医などの専門家たちと連携し、児童の環境を総合的に判断して最善の解決法を探るため、職員には的確な判断力や忍耐力、交渉力が不可欠の資質となる。
 また、核家族化で孤立しがちな家族を助けるため、地域社会で子どもを育てるという視点も大切だ。福祉施設などに引き取った子どもの心のケア、日常生活の指導、学習支援のほか、養育について家族間の連絡や面接を行うなど、子どもを家族や社会の中に復帰させることも大きな役割となる。

このキーワードについて学べる学問分野

教育学

教育の本質を捉え、学校や職場、地域社会において人間の可能性を伸ばすシステムと技法を研究する学問分野。老若男女すべての「学ぶ人」に理想的な教育の環境を提供することが大目標

社会学

家庭・地域・学校・企業など人間が作っている「組織」のしくみやはたらきを検証し、そこに生起する種々の現象を解析。社会病魔、福祉、環境、メディアといった現代的課題に迫る

児童学

家庭における「育児」に着目し、子どもの成長過程、親子・きょうだいの関係などを総合的に研究する。子どもの個性や感性をどう育むか、安心できる子育て環境の整備などがテーマ

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,300校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。