じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

興味・関心のある職業テーマから学びたい学問を見つけてみよう 学問ディスカバリー

学問ディスカバリー イメージ

どんな分野?

 「キャリア」(career)とは、仕事の経歴のこと。そして、職業で経験を積むことによって培われた総合的な能力のことも指している。
 キャリアコンサルタントは、職業を通した自己実現を支援し、充実した人生プランを立てるための適切なアドバイスをする専門職。基本的な心理学の専門知識とカウンセリング技能を備え、現在の職場や仕事への不満をもつ人に対し、ストレスとの付き合い方を教えたり、自ら解決できるようにサポートしたりする。
 特に最近は、仕事で獲得した能力だけではなく、仕事以外の活動で自らのキャリアを形成する人が増えており、「キャリアコンサルタント」は、こうした人々のステップアップを助ける重要な仕事となっている。

活躍の舞台

 キャリアコンサルタントに関わる仕事に進むには、大まかに次のふた通りの方法が考えられる。
 一つは、大学で「心理学」、特に「臨床心理学」を専攻し、カウンセリングの理論と実践技法を身につけること。もう一つは「教育学」系の学科で、学習方法や能力開発などの専門知識を養う方法だ。教育系の大学には、社会人教育やキャリア教育について専門に学べる学科やコースもあるので、こうした専攻を選ぶという方法もある。
 いずれの場合でも、「臨床心理学」系の「カウンセリング」のほか、「教育心理学」(人間の学習と成長の関係を心理学的に理解する)、さらに「社会心理学」系の「人間関係論」「組織論」(集団の中の人間心理を扱う)などは重要な学習項目となる。

学問へのアプローチ

 大学でこの分野を専門に学んだ人は、人材派遣や人材開発の会社で、キャリア形成や転職のアドバイスをする専門職として活躍できる。あるいは大学や専門学校に勤務し、就職活動中の学生のカウンセリングをしたり、就職セミナーの企画・開催を行ったりする仕事もある。
 キャリアコンサルタントは、各種の資格やビジネススキルに精通するとともに、組織管理や心理の専門家でもある。カウンセリングでは、資格や能力だけではなく、その人が本来もっている個性や人格を正確に判断することが必要だ。そこで、最初は企業で人事部など組織管理部門の業種に就いて人物を見る眼を養い、その後にキャリアコンサルタントの専門職となるという道も考えられるだろう。

このキーワードについて学べる学問分野

哲学・心理学

人類の根源的な疑問=「人間とは何物か」「何が生きる意味や価値か」という“こころの問題”に思索や論理を通じて迫るのが哲学、科学的なしくみとして解決しようとするのが心理学

教育学

教育の本質を捉え、学校や職場、地域社会において人間の可能性を伸ばすシステムと技法を研究する学問分野。老若男女すべての「学ぶ人」に理想的な教育の環境を提供することが大目標

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,300校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。