じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

将来の夢、気になる職業から進路を探そう Shokugyo

Shokugyo イメージ

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーの特徴

 「あらゆる媒体を写真、イラストや文字、色をあわせてデザインする人」のこと。ポスターやパンフレット、新聞や雑誌の紙面、看板、ネットの画面、立体制作物までさまざまな媒体をデザインする。センスがよく、洗練されたデザインを構成するために多様な能力を備えておかなければならない仕事だ。現在はソフトによる技術開発が進んだため、従来は手作業で行っていたデザイン業務のほとんどをコンピュータで処理できる「デスクトップパブリッシング(DTP)デザイナー」が増えてきたことがこの分野の特徴。特にこの仕事に就くための資格は必要なく、デザインのセンスと才能、経験が大きな部分を占める実力重視の仕事である。

グラフィックデザイナー グラフ

グラフィックデザイナーに関連する資格

 美術・デザイン系の専門学校や大学を経て、関連するデザイン会社や広告制作会社、広告代理店や印刷会社のデザイン部門での仕事に就くのが一般的だ。経験を十分積んで、フリーのグラフィックデザイナーとして活躍している人も多い。グラフィックデザイナーの制作するものは、ほとんどがマーケットを対象としたものである。ただデザイン的に優れているだけでは不十分で、それを見る人に心地よさを与え、同時に購入の動機づけになるような要素も備えていなければならない。そのためにはデザインに基づいた人間の心理的側面も知っておかなければならず、学ばなければいけないこと、理解していなければならないことは幅広い。

グラフィックデザイナーに興味がある人は、この分野の学問を調べてみよう

美術

絵画、版画、彫刻など、色とカタチによるオリジナリティのある造形によって「美」を表現する分野。いずれも具体化された作品により、人に感動を与えられるセンスや創作表現法を学ぶ

工芸・デザイン

製品の形や映像・絵・文字などを使った、人間の視覚に訴える表現芸術。美術の応用領域として、社会ニーズにそった「美」を創りだす分野。「機能性」「快適性」を希求するのが特質

芸術系学際

美術、デザイン、音楽という3つの芸術ジャンルの枠を超えた研究領域。「枠を超えた」というよりは総合した要素も。芸術への深い造詣をもとに、新しい芸術文化の創造や普及に貢献する

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,500校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

進学イベント全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。