じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

将来の夢、気になる職業から進路を探そう Shokugyo

Shokugyo イメージ

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーの特徴

 洋服・帽子・バッグといった服飾品をデザインする仕事。多くはアパレルメーカーや繊維メーカーに勤める企業内デザイナーとして、新商品のデザインを行っている。実力あるデザイナーは、自身のブランドやショップを持って活動できる。欧米のファッションショーで評価されるデザイナーは、オートクチュールデザイナーとして顧客の注文に応じて制作する。カジュアルファッションのデザイナーでも、若者の支持を集めて人気ブランドを展開することができる。インターネットの普及により、小予算で自身のブランドを全国に発信することも可能になった。時代のニーズを先取りする能力、独自のセンスが成功の条件。消費者にアピールするための工夫も必要だ。

ファッションデザイナー グラフ

ファッションデザイナーに関連する資格

 デザインにとって欠かせない、配色について学べる資格がある。色彩検定、カラーコーディネーター、ファッションコーディネート色彩検定、といった資格は押さえておくとよい。デザインの技術に近い資格としては、デザインを型紙に起こすパターンメイキング検定試験、洋服の制作技術を見る洋裁技術検定試験、がある。小さなブランドではデザイナー自身が作業に加わることもあり、取得しておくと実務に直結する。ファッションは芸術的な側面と同時に、ビジネスとしての面を備えている。衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)、ファッションビジネス能力検定、の受験を通じて企画を商品化するための知識を身につけることができる。

ファッションデザイナーに興味がある人は、この分野の学問を調べてみよう

美術

絵画、版画、彫刻など、色とカタチによるオリジナリティのある造形によって「美」を表現する分野。いずれも具体化された作品により、人に感動を与えられるセンスや創作表現法を学ぶ

工芸・デザイン

製品の形や映像・絵・文字などを使った、人間の視覚に訴える表現芸術。美術の応用領域として、社会ニーズにそった「美」を創りだす分野。「機能性」「快適性」を希求するのが特質

被服学

快適さや機能性に富む衣料をつくり、新たな服飾生活を創造する分野。衣服の作製・保管・手入れの技術から、衣類の生産・消費・流通という産業的な側面まで、幅広い領域を対象とする

芸術系学際

美術、デザイン、音楽という3つの芸術ジャンルの枠を超えた研究領域。「枠を超えた」というよりは総合した要素も。芸術への深い造詣をもとに、新しい芸術文化の創造や普及に貢献する

経営学

人、モノ、カネ、情報を活用した「企業」活動の管理法と運営法を研究するジャンル。即戦力として実践的な知識と運用能力を養成するために、インターンシップ教育が盛んなのが特徴

商学

モノやサービスなどの「商品」を売り買いするためのしくみやルール(習慣)、それをより多く売るための仕掛けや方法を研究する。物流・会計・金融(手形・証券・保険)が三本柱

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,500校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

進学イベント全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。