じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

将来の夢、気になる職業から進路を探そう Shokugyo

Shokugyo イメージ

音楽家・ミュージシャン

音楽家・ミュージシャンの特徴

 クラシック音楽、ジャズやロック、ポップス、ニューミュージックなどのさまざまなジャンルの音楽を、作曲したり、編曲したり、演奏したり、歌ったりする。音楽に関する仕事は幅広い要素で成り立っており、そのどれかに携わっていれば「音楽家・ミュージシャン」という呼称があてはまるが、一般的には音楽や楽曲を「作曲・編曲をする」人もしくは「演奏・歌唱」する人のことを指す。音楽家・ミュージシャンとしての定義は非常に幅広いため、ひとくちに「こうすればなれる」ということはいない。また、何の実績がなくても、自ら「ミュージシャンだ」と名乗ることも可能だ。だが音楽で生計を立てるには、図のような一般的なルートを辿ったほうが無難だろう。

音楽家・ミュージシャン グラフ

音楽家・ミュージシャンに関連する資格

 一例として、クラシック系音楽の演奏家や作曲家の場合は、音楽系や芸術系の大学で演奏を学ぶのが一般的であるし、ジャズやロック、ポップスなどのニューミュージックの場合は、「独学で演奏を学びライブハウスや街頭で自主的に活動、人気を得て認められ、CD発売のメジャーデビューを待つ」というパターンである。また、楽器メーカーや音楽プロダクションなどの各種教室、養成学校で基礎を学び各種コンテストに出場するなど、他にも道はある。「こうすればなれる」という定められたルートがないだけに、自分で開拓できる部分の大きい、頑張りがいのある分野といる。ただ音楽家として生計を立てるには、努力や熱意のほか、運や環境も大きく左右することも頭に入れておこう。

音楽家・ミュージシャンに興味がある人は、この分野の学問を調べてみよう

音楽

楽器や人の声を用いて、形や色彩のない「音」による表現芸術。単独もしくは複数による演奏や歌唱の技法を研究し、自らの感性で心の奥深くに響く美しい音楽をつくることがテーマ

芸術系学際

美術、デザイン、音楽という3つの芸術ジャンルの枠を超えた研究領域。「枠を超えた」というよりは総合した要素も。芸術への深い造詣をもとに、新しい芸術文化の創造や普及に貢献する

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,500校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

進学イベント全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。