じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

将来の夢、気になる職業から進路を探そう Shokugyo

Shokugyo イメージ

歯科衛生士

歯科衛生士の特徴

 歯科医師の指導のもとで虫歯・歯周病など歯や歯ぐきに関する疾患の予防指導と処置、歯科医師の治療補助を行う仕事。国家資格となっており、かつては女子だけの資格だったが現在は男子にも門戸が開かれている。高齢化社会においては、健康な歯の維持を意識した予防が重要なポイントとなるため、日常のデンタルケアを指導する役割としても歯科衛生士の活躍が期待される。また日本では遅れ気味であった「デンタルIQ(歯の健康や美しさに対する意識)」の高まりによる、審美歯科や歯列矯正のニーズ拡大も見逃せない。患者の口腔内での作業が多いため、注意力や手先の器用さが必要。治療をスムーズに進めるためのコミュニケーション能力も重要である。

歯科衛生士 グラフ

歯科衛生士に関連する資格

 この仕事に就くためには、厚生労働大臣の指定した歯科衛生士養成科(基本は2年)を卒業し「歯科衛生士」の資格試験に合格しなければならない。
男子も資格試験を受けることはできるが、養成学校のほとんどが女子のみの募集であるため、今後の門戸拡大が期待される。専門性が高い認定資格として「日本歯周病学会認定歯科衛生士」「日本歯科審美学会歯科衛生認定士」「日本成人矯正歯科学会矯正歯科衛生士」の3種類がある。これらの専門歯科も増えているため取得は有効。関連資格としては義歯や矯正器具を作る「歯科技工士」がある。こちらは男性の従事者が多い。「歯科衛生士」と「歯科技工士」の両方の資格を持っている従事者は、診療所で重宝される。

歯科衛生士に興味がある人は、この分野の学問を調べてみよう

保健・衛生・医療技術学

医療・福祉活動を医師と共に支える「保健衛生」「リハビリ」「医療技術」を研究する学問。衛生環境を整えて病気を予防したり、社会復帰を助けたりして国民の健康を守ることがテーマ

歯学

歯および口の中の病気の原因を解明し、その診断や治療、歯列矯正や義歯の技術を総合的に研究する分野。「口腔」の健康は、身体や心の健康管理の基礎といわれ、総合医学的要素が拡大中

薬学

病気の治療、健康管理、衛生環境の視点から、医薬品をはじめとする「薬(くすり)」について、総合的に研究する学問分野。家庭用の洗剤や殺虫剤といった生活用薬剤や化学物質も対象

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,500校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

進学イベント全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。