じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

将来の夢、気になる職業から進路を探そう Shokugyo

Shokugyo イメージ

MR(医薬情報担当者)

MR(医薬情報担当者) の特徴

 MRとはMEDICAL REPRESENTATIVEの略で、主に製薬会社に勤務し、医薬品の情報提供・情報収集を行う仕事である。MRに求められる役割は大きく分けて3つあり、1つ目は製薬会社の代表として病院や薬局などを訪問し、医薬品の効能、適正使用法、副作用などの情報を提供する。2つ目は現場の医療従事者から、実際の効き目や副作用などについての情報を集める。そして3つ目は、それらの情報を研究開発担当に伝達し、新薬の開発に貢献する。また自社製品の使用方法・使用量の変更などの緊急情報があった際には、医療従事者に対して迅速かつ正確に伝達するのもMRの役目である。そのためには薬学などの専門知識のほかに、論理的な説明ができる営業能力も必要だ。医薬品の安全な使用を目指すことで、人命を預かる医療の一端を担う職種といえる。

MR(医薬情報担当者)  グラフ

MR(医薬情報担当者) に関連する資格

 「MR認定試験」。
 製薬会社等で行われる「導入研修」を修了していれば、受験が可能。合格者にはMR認定証が渡される。MRの仕事は資格制ではないが、最近はどのMRも認定証を持つことが当然となっているため、受けておく必要があるだろう。国家資格である「薬剤師」もあれば、さらに有利になる。

MR(医薬情報担当者) に興味がある人は、この分野の学問を調べてみよう

保健・衛生・医療技術学

医療・福祉活動を医師と共に支える「保健衛生」「リハビリ」「医療技術」を研究する学問。衛生環境を整えて病気を予防したり、社会復帰を助けたりして国民の健康を守ることがテーマ

医学

人間の身体のしくみや生命活動を、健康との関係で科学的に捉え、人間の病気やケガのメカニズムを解明。その治療法と予防法を総合的に研究する学問。研究の進歩が著しい最先端科学

薬学

病気の治療、健康管理、衛生環境の視点から、医薬品をはじめとする「薬(くすり)」について、総合的に研究する学問分野。家庭用の洗剤や殺虫剤といった生活用薬剤や化学物質も対象

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,500校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

進学イベント全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。