じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

興味・関心のある職業テーマから学びたい学問を見つけてみよう 学問ディスカバリー

学問ディスカバリー イメージ

どんな分野?

 戦後初めての政権交代が実現した2009年は、日本の政治にとって大きな転換点になることは疑いない。新政権への国民の期待は大きいが、前政権まで長年山積みになっていた難題は数多い。もっとも大きな問題は、国家予算つまり税金の使い道を見直し、適正な規模、適正な方法に導いていくことだ。
 それとともに重要なのが政治改革。政治家には「政治資金」、行政官僚には「天下り」「贈収賄」という、お金にまつわる疑惑が常に付きまとっている。国民から預かったお金を振り分けるのが政治の役割なら、自分たちに関わる「お金」に対してクリーンであることは当然の条件といえる。この問題では、日本の政治システムに加え、政治を担う人々の倫理や資質を問うことが大切になる。

活躍の舞台

 政治改革の問題を専門に研究する「政治学」にも、さまざまな研究アプローチがある。たとえば官僚機構や行政サービスのあり方を考える「行政学」、代表制と選挙システムを研究する「選挙制度論」、実際の政策がどのように決定するのかを扱う「政治過程論」などだ。また、民主主義や国家体制を根本から問う「国家論」「比較政治論」、政治思想と意識の変遷を研究する「政治思想史」といったジャンルも重要だろう。
 政治学以外では、有権者の政治意識や行動を調査する「社会学」、人間の社会行動の指針について問う「倫理学」「哲学」、さらに社会の中での人間の合理的な思考法を研究する「論理」も、政治改革を論じるうえで有効な視点となる。

学問へのアプローチ

 日本の政治改革が進むかどうかは、すべての国民の政治意識を高めることが大切だ。政治家を志望する人、行政や司法に関わる公務員をめざす人には、国を良くしていこうという強い信念が求められる。
 政治家への道を歩むには、卒業後に政党・政治団体に所属して働くか、あるいは資格試験を受験して国会議員政策担当秘書となり、政治を実践の場で学んでいく方法が一般的。または、政策立案を専門的に学ぶ「公共政策大学院」へ進学する、公務員試験を受けて国の官僚(国家公務員)になる選択肢もあるだろう。
 政治改革について学んだ人は、政治を見る眼と倫理観、合理的思考などが養われるので、将来の日本経済を担うビジネスマンとしての活躍も期待できる。

このキーワードについて学べる学問分野

社会学

家庭・地域・学校・企業など人間が作っている「組織」のしくみやはたらきを検証し、そこに生起する種々の現象を解析。社会病魔、福祉、環境、メディアといった現代的課題に迫る

法学

社会の公平さと我々の生活の安全を保つためのルールを学ぶジャンル。法律は、国としてのカタチを整える術、人々の行動の規範や手順のモデルでもあり、かつては万能視された時期も

政治学

社会を円滑に運営していくための方策=国家の形態、政治権力、それを生みだす人々の政治行動などを探求するジャンル。政治形態の歴史的推移や国家間比較なども重要な研究テーマ

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,500校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

進学イベント全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。