じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

興味・関心のある職業テーマから学びたい学問を見つけてみよう 学問ディスカバリー

学問ディスカバリー イメージ

どんな分野?

公共投資とは、政府や地方自治体などが、道路・電気・水道などのインフラの整備をはじめ、環境保全と災害防止、教育や福祉の充実、産業の育成、地域社会の活性化といった公共の目的で行う金銭的な投資のこと。事業によって経済が活性化し景気がよくなる、地域の雇用が増えるなど、政策的な意図から行われるのが特徴で、原則として利潤を出す目的で行われる民間の投資を補っている。
 たとえば、学校や病院の建設、土地の開発、道路や施設の耐震化、上下水道の改修、企業の誘致といったさまざまな投資のスタイルがある。住民から集めた税金が投入されるので、多くの人のためになる公益性と費用対効果の高さが求められる。

活躍の舞台

公共投資について研究したい人の進路としては、政府や地方自治体に勤務する公務員が代表格。土木政策、農業政策、産業振興政策、環境政策など、公共投資に関わるさまざまな政策を検討し、予算を配分して投資先とする事業や企業を選定する。また、地方の都道府県庁や市町村の役所には、住宅、教育、福祉といった分野での窓口応対、各地の実情に合わせて住民の要望に応えるサービスの企画・実施といった業務もある。
 公共投資についての専門知識を生かすことで、企業や民間団体への就職も選択肢となる。銀行や証券会社などの金融業のほか、公共工事を請け負う建設業、電気・ガスなどインフラ関連の企業などが挙げられる。

学問へのアプローチ

この分野を学べる学問分野は、社会科学系統の「政治学」「経済学」が代表格だ。「政治学」では、政府や地方自治体など行政制度のしくみ、政策決定や予算配分の方法を理解したうえで、インフラ整備、福祉や社会政策、災害対策など、さまざまな部門で公共機関が果たすべき役割について考える。また、公共的な見地から国や地方の公共投資のあり方について検討する。
 「経済学」では、財政や金融の側面から公共投資を研究する。公共投資が経済や産業に与える影響を、景気の上昇、雇用の増加、地域の活性化など、さまざまな側面から考える。さらに「経営学」では、民間企業による事業と公共事業との違いを理解したうえで、事業運営の視点から公共投資にアプローチする。

このキーワードについて学べる学問分野

経済学

モノやサービスを交換するしくみ=「生産→流通→消費」の観点から、世の中の人々のより良い暮らしを探求する分野。数理的な要素が強いこと、国際的な視点が重要なことが二大特徴

経営学

人、モノ、カネ、情報を活用した「企業」活動の管理法と運営法を研究するジャンル。即戦力として実践的な知識と運用能力を養成するために、インターンシップ教育が盛んなのが特徴

政治学

社会を円滑に運営していくための方策=国家の形態、政治権力、それを生みだす人々の政治行動などを探求するジャンル。政治形態の歴史的推移や国家間比較なども重要な研究テーマ

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,500校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

進学イベント全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。