じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

興味・関心のある職業テーマから学びたい学問を見つけてみよう 学問ディスカバリー

学問ディスカバリー イメージ

どんな分野?

勤勉な国民性から「働き過ぎ」の人が多いといわれる日本。多様で活力のある社会をめざし、これまでの働き方を見直す動きが始まっています。景気が徐々に回復に向かう中、特に中小企業や小規模な事業所では人手不足に陥っており、従業員のライフスタイルや働き方に応じた職場の改革が、有能な人材の確保のカギとなっています。
こうした労働をめぐる様々な課題を解決するため、政府は各企業に給与水準の上昇や正規雇用の増加、女性雇用の推進、有給休暇の消化の奨励といった対策を働きかけています。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活のバランス)の調和、子育てや介護と仕事の両立など、企業文化や社会風土も含めて改革していくことが求められます。

活躍の舞台

国の機関としてこのテーマに取り組んでいるのが、厚生労働省が各都道府県に設置する労働局です。企業や事業所などの法令遵守および労働環境を管理することや、労災保険の事務処理などが主な仕事で、行政の立場から企業の働き方改革を促しています。仕事を求める人と企業との仲立ちとなる公共職業安定所(ハローワーク)もあります。労働局に属する職業斡旋機関で、人それぞれの能力や適性に応じた職業選択を支援する仕事です。
一般企業の人事、人材開発の部門も1つの選択肢です。キャリア形成のプロとして、社員の適性を見きわめて能力を伸ばすこと、最適の職場に配置することにより、個人の能力を社内で最大限に発揮できるよう支援します。

学問へのアプローチ

この分野では「法学」または「政治学」が代表的な学問です。「法学」では、労働基準法、労働組合法、労働関係調整法を中心とした労働法制について理解し、労働者の権利と生活を保障するための法律を体系的に学びます。「政治学」では、働き方改革を実現する政策について学びます。
「社会学」にも、働き方と大きく関わるキャリア形成をテーマにした研究分野があります。与えられた使命に対する目標設定、実現に向けた行動計画、チームワークやリーダーシップの育成など、具体的な課題に取り組みながら、社会人としての能力を高めます。「経営学」では、企業や組織の円滑な運営という視点から、効率的な人事配分、有能な人材登用など、働き方の問題にアプローチします。

このキーワードについて学べる学問分野

社会学

家庭・地域・学校・企業など人間が作っている「組織」のしくみやはたらきを検証し、そこに生起する種々の現象を解析。社会病魔、福祉、環境、メディアといった現代的課題に迫る

経営学

人、モノ、カネ、情報を活用した「企業」活動の管理法と運営法を研究するジャンル。即戦力として実践的な知識と運用能力を養成するために、インターンシップ教育が盛んなのが特徴

法学

社会の公平さと我々の生活の安全を保つためのルールを学ぶジャンル。法律は、国としてのカタチを整える術、人々の行動の規範や手順のモデルでもあり、かつては万能視された時期も

政治学

社会を円滑に運営していくための方策=国家の形態、政治権力、それを生みだす人々の政治行動などを探求するジャンル。政治形態の歴史的推移や国家間比較なども重要な研究テーマ

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,500校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

進学イベント全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。