じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

興味・関心のある職業テーマから学びたい学問を見つけてみよう 学問ディスカバリー

学問ディスカバリー イメージ

どんな分野?

 公益法人とは、収益の獲得を目的とした一般企業(営利法人)と異なり、公共社会に利益をもたらすことを目的とした民間の団体。個人や法人などの「社員=人」の集まりである「社団法人」と、一定の目的のために拠出された「財産」の集まりである「財団法人」がある。
 現在日本には2万数千の公益法人がある。営利を目的としない公の事業を担っているため、税制の面では一般企業よりも優遇されている。
 政府は近年、公共事業に対する「事業仕分け」を進めており、公益法人に対しても事業内容や財務状況のチェックを求めている。さまざまな問題が指摘されており、元は国民の税金である「補助金」を支給されている団体もあり、経営の透明化が当面の課題といえる。

活躍の舞台

 公益法人の仕事をめざす人は、社会科学系統で「経済学」「商学」「経営学」などの事業・経営に直結する学問、または「法学」「政治学」などの社会政策・公共・について学べる学問を専攻し、自らの専門性を高めておこう。
 公益法人は、学術やスポーツ、医療や福祉、そのほか工業・商業・農業などさまざまな職業や専門領域と関連をもっている。そこで、就職したい業界や団体を考慮に入れながら、その業界の歴史や業務内容、歴史や将来性を調べることも大切だ。日常的に新聞やニュースなどで最新情報をチェックしよう。さらに、判断力や交渉力、協調性やリーダーシップなど、社会人として求められる基本能力を高めることも大事だ。

学問へのアプローチ

 公益法人が行う事業の領域はきわめて幅広く、業務の内容や規模、管轄する官庁も異なる。たとえば特定の職業・職能集団(医師、薬剤師など)、スポーツ団体(相撲、野球など)、民間企業の連絡会や協議会(経済界、旅行業界など)、さらに海外交流会や資格制度の協議会などが含まれる。
 財政改革の一環として公益法人制度の改革関連法が施行(2008年)されてからは、既存の公益法人は厳しい「公益性」の定義のもとに再認可されることになった。民間の団体とはいえ、市民の寄付金や税金(公的補助金)で運営されており、職員には公務員に匹敵する倫理性が欠かせない。世の中の役に立ちたいという意欲をもつ人材には、大きな活躍の場が与えられるはずだ。

このキーワードについて学べる学問分野

社会学

家庭・地域・学校・企業など人間が作っている「組織」のしくみやはたらきを検証し、そこに生起する種々の現象を解析。社会病魔、福祉、環境、メディアといった現代的課題に迫る

経営学

人、モノ、カネ、情報を活用した「企業」活動の管理法と運営法を研究するジャンル。即戦力として実践的な知識と運用能力を養成するために、インターンシップ教育が盛んなのが特徴

法学

社会の公平さと我々の生活の安全を保つためのルールを学ぶジャンル。法律は、国としてのカタチを整える術、人々の行動の規範や手順のモデルでもあり、かつては万能視された時期も

政治学

社会を円滑に運営していくための方策=国家の形態、政治権力、それを生みだす人々の政治行動などを探求するジャンル。政治形態の歴史的推移や国家間比較なども重要な研究テーマ

社会科学系学際

資源枯渇、環境汚染、人口爆発、食糧不足、安全保障問題など現代的な大テーマに、従来の学問的枠組を超えてアプローチする新分野。「総合的な視点」「多彩なテーマ」がキーワード

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,500校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

進学イベント全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。