じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

興味・関心のある職業テーマから学びたい学問を見つけてみよう 学問ディスカバリー

学問ディスカバリー イメージ

どんな分野?

 買い物の際にレジでカードを提示することにより、利用金額の一定の比率で点数が貯まるポイントサービス。貯めたポイントは買い物で現金の代わりに使えるほか、商品券や景品などとも交換できる。小売店では販売した商品のデータを顧客別に記録し、時間帯や客層別の消費傾向などを分析するためのツールとして用いられており、消費者、事業者の双方にメリットがある。
 最近は、1枚のカードをさまざまな業種の加盟店で利用できる「共通ポイントサービス」が人気を集めている。小売店だけでなく、交通系やクレジット会社系、ネットショップ系など、ポイントサービスを展開する異業種が互いに連携する動きが活発となり、各陣営間で顧客獲得の競争が展開されている。

活躍の舞台

 この分野に興味がある人は、ポイントサービスを提供する企業が代表的な進路となる。たとえば大手の流通業や小売業、クレジット会社、ネット販売会社などが挙げられる。ポイントビジネスの世界では、新しいサービスの形態が次々に登場しており、サービスの仕組みや運営方法に関する実務知識に加え、消費者のニーズと販売動向をつかみ取るデータ分析やマーケティングの能力、消費者に訴えかける商品企画力やプレゼンテーション能力などを鍛えておくことで、企業での活躍のチャンスが大きく広がる。
 そのほか、この分野の専門能力を生かせる進路としては、小売業、流通業、金融業など、消費者に商品・サービスを提供する業種も選択肢となる。

学問へのアプローチ

 共通ポイントサービスに関連する学問分野としては、社会科学系統「商学」「経済学」が代表的だ。「商学」では、ポイントサービスを展開する企業のビジネスの仕組みを研究する。具体的にはポイントカードを活用したビジネスモデル、マーケティングや顧客管理の方法を実践的に学ぶことにより、消費者に利便性を提供し、また企業の利益率を高めるサービスのあり方を考える。
 「経済学」では、市場経済の視点からポイントカードについて研究する。多くの店舗や企業間で交換される共通ポイントの流れを把握し、お金・商品・サービスとの関連でデータ分析する。さらに、共通ポイントサービスの市場における役割、広く消費者に受け入れられた原因を探究する。

このキーワードについて学べる学問分野

経済学

モノやサービスを交換するしくみ=「生産→流通→消費」の観点から、世の中の人々のより良い暮らしを探求する分野。数理的な要素が強いこと、国際的な視点が重要なことが二大特徴

商学

モノやサービスなどの「商品」を売り買いするためのしくみやルール(習慣)、それをより多く売るための仕掛けや方法を研究する。物流・会計・金融(手形・証券・保険)が三本柱

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,300校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。