Menu

興味・関心のある職業テーマから学びたい学問を見つけてみよう Shokugyo

Shokugyo イメージ

公務の分野の職業

社会と市民のために働く公(おおやけ)の仕事です。主に、住宅や公園の整備、学校教育の運営や福祉などの公的事業を行う「地方公務員」のほか、秩序と安全を守る「警察官」や「消防士」などの仕事があります。

国家公務員、地方公務員

国や地方の公務に従事する仕事である。国家公務員は行政官庁(省庁)をはじめとする国の機関に勤務し、事務、政策の策定、研究に携わる。

自衛官

国の防衛・治安の維持、災害時の救助活動などに携わる。心身の健康、協調性、行動力、判断力、統率力などを求められる。この職につくためには防衛省が実施する採用試験での合格が必要。

警察官

公共の安全や秩序を守り、人々の生活を保護する仕事である。具体的には犯罪の捜査、予防、鎮圧や、交通指導・取締り、家出人・迷子の保護などを行う。

消防官

火災発生の現場に駆けつけ、消火活動、人命救助、救急処置を行う仕事。鎮火後の始末や、火災発生原因の調査なども行う。

海上保安官

海上保安官は、いわば海の警察官である。海上の秩序を守ったり、海難救助を行ったり、海上防災、環境保全などを行うために活動する。

国税専門官

国を運営するのに不可欠な「国税」。これを公平、円滑に確保するために働く。正義感、判断力、行動力が求められる。国税専門官になるためには、年に一度実施される採用試験の合格が必要。

労働基準監督官

法に定められた労働条件を確保するため、さまざまな業務に携わる。たとえば工場やオフィスに立ち入って帳簿などの点検をしたり、関係者に話を聞いたり、環境の検査・測定などを行ったりする。

外交官

諸外国とのさまざまな外交業務を行う役職。外務省本省での仕事と、世界各国に置かれた在外公館(大使館、総領事館、領事館、政府代表部)での仕事に分けられる。

家庭裁判所調査官

初年犯罪や児童虐待が増加し、被害者への対応を巡る問題にも社会的関心が高まっている中、家庭裁判所調査官の果たす役割はより一層重要なものになっている。

児童相談員

子育ての悩み、子どもの心身の問題、虐待など、18歳未満の子どもとその保護者を対象に、あらゆる相談を受け、適切なアドバイス、指導、施設や制度の紹介などを行う。

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,800校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

進学イベント全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。