じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

将来の夢、気になる職業から進路を探そう Shokugyo

Shokugyo イメージ

証券アナリスト

証券アナリストの特徴

 証券会社、銀行などの金融機関、投資顧問会社に所属し、さまざまな情報やデータを分析して、株価の評価や金融の未来予測を行う。このような評価や予測は、投資家(個人を含む)に対するアドバイスや、投資管理業務などに役立てられる。株式市場の拡大・成熟に伴い、証券アナリストへの注目は高まっている。近い未来にはアメリカのように、フリーの証券アナリストが活躍する時代が来るかも知れない。現役のアナリストは、大学の経済・経営・商学部などの卒業者が多い。この仕事をするために資格は必要ないが、多くが日本証券アナリスト協会が実施する試験に合格している。求められる能力は、情報収集力、分析力、取材力、集中力などである。

証券アナリスト グラフ

証券アナリストに関連する資格

 証券アナリスト。
 証券アナリストの試験には、第1次レベル、第2次レベルという二つのステップがある。第1次レベルの試験は、日本証券アナリスト協会が実施する通信講座の受講者のみが受験できる。第2次レベルの試験は、第1次レベル合格者のうち、第2次レベルに対応する通信講座を受講した者のみが受験できる。第2次レベルの試験に合格した後、3年間の実務経験を積むと、「国際公認投資アナリスト」の資格が取得できる。

証券アナリストに興味がある人は、この分野の学問を調べてみよう

経済学

モノやサービスを交換するしくみ=「生産→流通→消費」の観点から、世の中の人々のより良い暮らしを探求する分野。数理的な要素が強いこと、国際的な視点が重要なことが二大特徴

経営学

人、モノ、カネ、情報を活用した「企業」活動の管理法と運営法を研究するジャンル。即戦力として実践的な知識と運用能力を養成するために、インターンシップ教育が盛んなのが特徴

商学

モノやサービスなどの「商品」を売り買いするためのしくみやルール(習慣)、それをより多く売るための仕掛けや方法を研究する。物流・会計・金融(手形・証券・保険)が三本柱

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,500校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

進学イベント全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。