じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

将来の夢、気になる職業から進路を探そう Shokugyo

Shokugyo イメージ

カメラマン(映像系)

カメラマン(映像系)の特徴

 映画の名監督の作品には、必ず名カメラマンありとされた時代があった。優れたドキュメンタリーや、英国のBBCが製作する自然番組の映像など、秀でた映像は人の心を強く揺り動かすことができる。動画を撮影するこの仕事への憧れや畏敬の念を持つ人は数多いだろう。実際に映画やテレビドラマの収録では、撮影カメラマンが監督やディレクターに次ぐトップスタッフとして扱われ、別待遇となっている現場がかつては多くあったようだ。だが実際の撮影作業は、こうした華やかな撮影現場のイメージからは想像できない肉体労働、繊細なカメラワーク、予算や時間の配分などさまざまな要素で成り立っており、カメラマンには撮影技術以外のクリエイティブな能力や管理能力も要求される。

カメラマン(映像系) グラフ

カメラマン(映像系)に関連する資格

 映画カメラマン、テレビ番組カメラマン、ビデオカメラマン、その他の動画カメラマンと分野によって仕事内容は少しずつ変わる。またドラマ(フィクション)を撮影するのか、ドキュメント(ノンフィクション)を撮影するのかによっても、要求される技術や素養は異なってくる。いずれのカメラマン職に就くにせよ、専門学校や専門課程のある大学を卒業し、基礎的な技術を学んでおくことが必要な条件だ。ビデオ制作会社やテレビ番組制作会社、映画会社に就職することが第一歩になるが、正社員として映像カメラマンの仕事に就ける人は少数で、フリーで活動している人も多い。

カメラマン(映像系)に興味がある人は、この分野の学問を調べてみよう

電気通信工学

電気や磁気の性質を応用し、生活や社会を快適にする、電気のエネルギー利用技術や情報通信などのエレクトロニクス技術を生み出す学問分野。機械としての表現されることも重要課題

美術

絵画、版画、彫刻など、色とカタチによるオリジナリティのある造形によって「美」を表現する分野。いずれも具体化された作品により、人に感動を与えられるセンスや創作表現法を学ぶ

工芸・デザイン

製品の形や映像・絵・文字などを使った、人間の視覚に訴える表現芸術。美術の応用領域として、社会ニーズにそった「美」を創りだす分野。「機能性」「快適性」を希求するのが特質

芸術系学際

美術、デザイン、音楽という3つの芸術ジャンルの枠を超えた研究領域。「枠を超えた」というよりは総合した要素も。芸術への深い造詣をもとに、新しい芸術文化の創造や普及に貢献する

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,500校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

進学イベント全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。