じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

将来の夢、気になる職業から進路を探そう Shokugyo

Shokugyo イメージ

カメラマン(スチール)

カメラマン(スチール)の特徴

 プライベートで撮影する写真を除くと、写真の種類は商業写真と報道写真の二つに分けられる。プロのカメラマンはこのいずれかの写真の撮影を行う人のことである。商業写真とは、出版物や広告物に掲載される「マーケットを対象とした写真」で、報道写真はそれ以外の「新聞報道などに使用される写真」である。写真全体としての売り上げのほとんどは、前者の「商業写真」の撮影が占めている。具体的にはアイドルのグラビア写真や企業の新製品の宣伝写真、駅の看板やポスター写真で、クライアントの要望に応じありとあらゆる対象を撮影する。商業カメラマンがスタジオ内でその多くを撮影するのに対し、一方の報道カメラマンはほとんどが屋外での仕事になる。報道の瞬間になる場面はいつ訪れるかわからず、常に撮影のチャンスに備えていなければならない。

カメラマン(スチール) グラフ

カメラマン(スチール)に関連する資格

 写真を撮影、現像するまでの基礎的な知識と技術を学ぶには、できれば専門の学校や技術を教えてくれる大学を卒業するのが近道だ。こうしたところでは撮影の仕事の求人票も多くあるので、それを足がかりに新聞社や出版社の専属カメラマンといったプロの道に入る人もいる。また、こうしたルートでなくても、直接プロカメラマンの事務所に助手やアシスタントとして入り、技術を学ぶ方法もある。いずれの方法にせよ、基本的な写真技術以外の部分、スポンサーやクライアントとスムーズにコミュニケーションを取れる対人能力は不可欠だ。

カメラマン(スチール)に興味がある人は、この分野の学問を調べてみよう

美術

絵画、版画、彫刻など、色とカタチによるオリジナリティのある造形によって「美」を表現する分野。いずれも具体化された作品により、人に感動を与えられるセンスや創作表現法を学ぶ

工芸・デザイン

製品の形や映像・絵・文字などを使った、人間の視覚に訴える表現芸術。美術の応用領域として、社会ニーズにそった「美」を創りだす分野。「機能性」「快適性」を希求するのが特質

芸術系学際

美術、デザイン、音楽という3つの芸術ジャンルの枠を超えた研究領域。「枠を超えた」というよりは総合した要素も。芸術への深い造詣をもとに、新しい芸術文化の創造や普及に貢献する

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,500校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

進学イベント全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。