じぶんコンパス 高校生と未来 進路マッチングサイト

Menu

将来の夢、気になる職業から進路を探そう Shokugyo

Shokugyo イメージ

コピーライター

コピーライターの特徴

 コピーライターとは、各媒体で商品・サービスを宣伝するための広告文(コピー)を考案する人のこと。広告はテレビやラジオのコマーシャルから新聞、雑誌、インターネット、駅の看板やポスター、電車の吊り広告までさまざまで、その媒体を視聴する層に応じ、最も効果的な宣伝文を考えなければならない。コピーは基本的に、その商品やサービスを短い一文で印象付ける「キャッチコピー」と、その説明・解説部分である「ボディコピー」の二つに分けられる。また企画段階から開発に加わり、商品のネーミングの依頼や、マーケティング手法を考案するよう依頼されるコピーライターもいる。

コピーライター グラフ

コピーライターに関連する資格

 商品やサービスの特性を短いコピーのなかでもわかりやすく、受け入れられやすく表現しなければいけないので、言葉に対する感覚が鋭い、言葉そのものに興味が尽きないという要素がなければならない。また、あくまで「商業的」な文が目的なので、商品の特徴や、広告媒体による表現の違い、消費者層による受け取り方の差異まで視野に入れ、コピーを作成する必要がある。そのため、社会全般への幅広い知識も要求される。コピーライターの仕事をするための資格はない。通常は学校を卒業後、広告会社やデザイン事務所に就職し、そこで実際にさまざまな種類のコピーを制作して経験を積むのが一般的なルートである。ネームバリューのある著名なコピーライターの仕事がよく知られているためフリーランスのイメージが強い仕事だが、フリーとして活躍するには、相当の実績と人脈、対人交渉能力がなければならない。

コピーライターに興味がある人は、この分野の学問を調べてみよう

文学・語学

“言語動物”である人間が、文字と言葉によって芸術や作品を生み生活を愉しみながら、考える力・洞察力・観賞力・コミュニケーション力を培養する古くて新しい「教養」ジャンル

哲学・心理学

人類の根源的な疑問=「人間とは何物か」「何が生きる意味や価値か」という“こころの問題”に思索や論理を通じて迫るのが哲学、科学的なしくみとして解決しようとするのが心理学

社会学

家庭・地域・学校・企業など人間が作っている「組織」のしくみやはたらきを検証し、そこに生起する種々の現象を解析。社会病魔、福祉、環境、メディアといった現代的課題に迫る

文化学

世界の文化の多様性を土台に、古今東西の人や文化を総体的として比較。それぞれの文化特有の尺度や思想を発見・分析するジャンル。現地での「フィールドワーク」の研究手法がキモ

大学パンフレットを請求してプレゼントをもらおう!

年間合計1,020名に当たる!
プレゼントの詳細はこちら
大学のパンフレットを請求

逆引き大学辞典について

逆引き大学辞典

全国の高等学校約1,500校で利用されている学科から大学が探せる「逆引き大辞典」インターネット版。  所在地、国公私立、学科系統、学科名やキーワードで設置大学を検索。

進学イベントのご案内

進学イベント全国各地で実施される進学イベントの開催情報はこちらから。